日曜大工レポ 外階段〜屋根裏部屋工事の外階段部屋のプラン

2Fの漫画部屋を子供部屋に改装するため、まずは漫画を移動先の屋根裏部屋を作る。
(d10_Plan)


・階段の詳細設計後、ステップ8まで掲載【2016/7/19】

・学習机が一段落し、4/16〜階段小屋工事の再開。
・ステップ7まで掲載【2016/3/30】
・ステップ6まで掲載【2016/2/15】

・現物合わせや思いつきで、設計は結構変わる(笑) 9月に行事が多く、かなり遅れ気味、とりあえず屋根を貼り終えたら、
 一時休止して、TAROの学習机を作らねば....【2016/1/13】

・やっとプランが決まったが、まだ、長年仕舞ってあるアルミサッシを組み立ててないので詳細な採寸は出来て居いない
 【2015/ 9/20】

Step8階段小屋の西側の床、外階段他 西側 東側
部材 素材 サイズ
床材 杉板 105mmx30mmx3m (24)
階段柱 檜垂木材 60mmx45mmx3m 6
階段 杉板 105mmx45mmx3m 4
階段柵 杉垂木 40mmx30mmx3m (10)
階段小屋の床(ガレージ屋根)。
屋根を切り抜いてガレージの中間の桁の高さまで落として床として再利用する。
階段下となる西側を先に工事する。
東側は、ウィンチを使う間は工事できない(屋根裏部屋の床張り等の大きな資材搬入後なので、当分先。)
西床の軒側の床下(ガレージ屋根裏)の設計案。

新しい西床(赤)を90角材で受けて、
既存の屋根の切断した垂木を60x45の垂木で受ける。
西床の軒側の床の設計案。

一応、屋根&サッシの中の床になるんだけど、ガレージの屋根でもあるので、念の為(開閉式の屋根とかサッシを閉め忘れて雨に当たった時とか)、アスファルトルーフィングを貼って防水する。
水を被った時には、サッシ枠の下側から
ガレージの屋根上に流れる設計。

Step7階段小屋の東側の屋根張り他 西側 東側
部材 素材 サイズ
東屋根1〜4 ポリカ波板 10尺 4
スライド屋根1 ポリカ波板 約2000 2
スライド屋根枠 檜60x45 3m 2
3Fドア 米松90x45
Step6階段小屋の東側の屋根構造組み 西側 東側
部材名 素材 サイズ
東上母屋 檜75角 2000
東上母屋壁柱 2x4端材 400
東小屋束 檜60x60 700
1 東下母屋 檜90角 3000
垂木1下面 檜60x60 3000
垂木1上面屋根部 檜60x60 2000
垂木1上面軒 檜60x60 800
2 垂木2屋根部 檜60x60 1000
垂木2軒中部 檜60x60 800
垂木3 檜60x60 800
垂木4 檜60x60 800
垂木5斜軒 檜60x60 2000
垂木6 檜60x60 1900
垂木7 檜60x60 1800
桟1 檜60x45 830
桟2 檜60x45 830
桟3 檜60x45 830
桟4 檜60x45 2000
桟5 檜60x45 2000
桟6 檜60x45 2000
桟7(兼桁) 檜75角 3000
桟8 檜60x45 1400
桟9 檜60x45 1200
桟10 檜60x45 900
桟11(兼桁) 檜75角 1900
垂木は上段の外側から1〜4、
下段の外側から5〜7、
桟は、上から1〜11
東側と西側では窓のサイズと配置が異なるので、東側の屋根は長い。
設計コンセプトは西側と同じで、
垂木は、強度重視で、基本的に檜の60mm角を使用。
垂木1は、特に強度が必要なので、2本重ね。
桟は、60mmx45mm。


Step5階段小屋の西側の屋根張り  西側 東側
部材 素材 サイズ
屋根1〜2 ポリカ波板 10尺 2
屋根3〜4 ポリカ波板 約2000 2


Step4階段小屋の西側の屋根構造組み 西側 東側
部材名 素材 サイズ
5 西母屋 檜75角 2000
4 西母屋壁柱 2x4端材 400
21 西小屋束 檜60x60 700
2 垂木1下面 檜60x60 3000
3 垂木1上面屋根部 檜60x60 2000
8 垂木1上面軒 檜60x60 800
1 垂木2屋根部 檜60x60 1000
10 垂木2軒 檜60x60 800
11 垂木2支え 檜60x60 800
18 垂木3下面 檜60x60 2000
13 垂木3上面屋根部 檜60x60 1000
12 垂木3上面軒 檜60x60 800
7 垂木4屋根部 米松90x45 1000
6 垂木4軒 米松90x45 700
19 桟1 檜60x45 830
20 桟2 檜60x45 830
16 桟3 檜60x45 2000
17 桟4 檜60x45 2000
15 桟5 檜60x45 2000
14 桟6 檜60x45 2000
9 桟7 檜60x60 2000
垂木は外から1〜4、
桟は、上から1〜7
垂木は、強度重視で、基本的に檜の60mm角を使用。
垂木1は、特に強度が必要なので、2本重ね。
桟は、60mmx45mm。
ジムニーのカーポート屋根よりは、かなり頑丈な仕様(^^)


Step3階段小屋の3F床張り前期  西側 東側
部材 素材 サイズ
正面東梁 檜75角 約1800 1
正面西梁 杉75角 約1800 1
3F東床材 杉板30x105 約2400 6
3F西床材 杉板30x105 約450 6
(全部張ると、屋根裏部屋への資材搬入の邪魔になるので、屋根工事の足場として必要な分だけ)

Step2:階段小屋の西窓枠柱〜3F床の桁組み  西側 東側
部材 素材 サイズ
西窓枠柱 檜90角 2902
東3F床桁 檜90角 2188
中央3F梁 檜90角 3540
壁面中央柱 米松90x40 約4000
中央3F床桁 檜90角 約1800
壁面3F床桁 杉角 約1800
3F床大引 檜90角 約1800
3F根太 x3 檜60x45 約900

Step1:階段小屋の主構造組み立て 西側 東側
部材 素材 サイズ
東柱 檜90角 2902
西柱 檜90角 2902
西軒桁 檜90角 2787
東軒桁 檜90角 2787
正面梁 檜90角 4000
中央柱 檜90角 4000
棟木 檜90角 約600
棟木支柱 檜75角 約700
東壁面上柱 2x4端材 510

Step0:足場の組み立て


【〜2015/9/20のプラン】
当初は、緑色の2Fの踊り場から、屋根裏への室内階段を作る計画。
でも構造梁を避けると、梯子レベルの狭くて急な階段しか作れない事が判り.......

ガレージ屋根の上に外階段部屋を作って屋根裏部屋に上がるプランに変更。


2016/8/25 update

日曜大工レポのINDEXへ Home Page